© 2019 by CBB Corporation

 

第一印象を決定づけるのは、その人の眼差しといいます。知性はもちろん、誠実さといった性格も、その瞳に映し出されるからです。会社、商品やサービスのロゴ・マークも同様のことがいえます。 私たちは長年にわたってユーザーの目に触れることを前提に、アイデンティティの確立から、CI・VIのルール作成、アイテム展開等をサポート。商品のブランド化にも総合的に対応しています。

「目は口ほどにものを言う」

Identity

 

Printing

「アナログ+デジタルの可能性」

当社の原点であるグラフィックデザインは、印刷物が基盤となっております。アナログからデジタルへの変遷は、様々な職種が影響を受け、社会から消えてしまった製品やサービスが山のようにあります。しかしデザインによる問題解決は、デジタル全盛の現在でも有効とされており、ますますフィールドは広くなっています。

 

Web

優れたコンテンツとはユーザーが探している情報です。必要とされる情報を惜しみなく発信することがWebサイトの価値を決定づけますので、自ずと情報が集まってくるのです。これはリアルなコミュニケーションでも全く同じで、面白い話をする人にたくさんの人は集まってくるのです。

「情報を発する場所に情報は集まる」

 

Digital contents

デジタルコンテンツは、主に文化施設でのゲームや学習体験、情報検索などに用いられます。当社ではユーザーインターフェイスから、動画制作、オーサリングまでをワンパッケージで納めております。これからも「楽しく学ぶ」を目標に様々なコンテンツを手がけてまいります。

「デジタルの多様性」

 

Sign & Exhibition

あらゆる施設には、利用者を案内するサイン計画が必要です。施設のコンセプトに合わせた色彩計画やユニバーサルデザインなど、早い段階から考慮することで、施設の価値を引き上げることにつながります。 また当社では、展示会に必要なブース設計からグラフィックの制作なども行い、企業PRのお手伝いもさせていただいております。

「こんなとこも、あんなとこも」

kokuraori_site