Staff blog

気になること


NHK大河ドラマは激動の革命編へ突入。
そして、オープニングビジュアルには、
主人公を先導して野を駆ける犬がついに登場。
これを待っていました。1月の放送開始からずっと。



主人公が実際に飼っていたのは薩摩犬。
薩摩犬は現存しないので、代役に選ばれたのが四国犬。
どんな表情なのか、どんなしぐさを見せてくれるのか、
本番での出演が大いに気になるところ。



気になるといえば、ひぃ様。
今ドラマでは、途中で株が上ったものの、
腹心の部下を暗殺されてから、
人が変わったようになって、ちょっと心配です。



司馬遼太郎さん「最後の将軍 徳川慶喜」



~水戸藩徳川家に生まれ、その後一橋家を相続、さらに15代将軍に。
徳川300年間、歴代の将軍の中で、
最も頭脳明晰で、才気煥発といわれた男である。



二心殿と呼ばれた、複雑な性格。
強情公と綽名された、頑固さ。
写真撮影や絵画など多様な芸術的才能を併せ持つ。



激動の幕末を生き抜いた、徳川慶喜。
彼はこの時代ををどう感じていたのか?
今に伝わる様々な行動の裏で何を考えていたのか?~



徳川慶喜さんに関しては、
かなりの数の書籍が出ています。
読み比べてみると楽しそうですが、
新たに気になる人に出会ってしまいました。



山岡鉄舟さん。
幕末三舟の一人。
江戸無血開城の本当の功労者で、
慶喜さんからご褒美に来国俊の名刀を贈られています。



剣と禅と書の達人であり、
道場仲間が営む木村屋のあんパンがお気に入りで、
木村屋の看板文字を揮毫したのは、この人。
面白そうな人なので、本を読んでみようかと。

Archives
Author
Calender