Staff blog

リメイク


2004年に刊行された真山仁さんの「ハゲタカ」。
経済小説は難かしそうなジャンルだし、
タイトルも冷酷そうで最初は敬遠。
試しに読んでみると面白く、続編にも手を伸ばしました。



2007年放送のNHKドラマはもちろん、
2009年の映画も映画館まで出かけて観賞。
その「ハゲタカ」の2018年版テレビドラマが、
7月中旬からスタートするそうで、今から楽しみです。



橋本治さん「黄金夜界」



~両親を亡くした間貫一は、
父の友人だった鴫沢に引き取られた。
やがて鴫沢の娘・美也と相思相愛に。



鴫沢夫妻は優秀で容姿端麗な貫一に期待。
彼が東京大学経済学部を卒業した後は、
所有するレストランの立て直しを託したい、と。



さらに美也と結婚し、
鴫沢家の正式な一員となることも。
美也もそれを望んでいる、と貫一は思っていた。



しかし、美也はIT企業社長の富山と結婚することに。
鴫沢夫妻も同意しているように見えた。
真相が知りたい貫一は美也を追って熱海へ向かった。~ 



Y新聞朝刊の連載小説です。
9ヶ月間連載され、先月末に最終回を迎えたばかり。
若い男女の悲恋、そして熱海といえば「金色夜叉」。
この「黄金夜界」は「金色夜叉」のリメイク小説です。



「金色夜叉」はかつてY新聞に連載された小説。
主人公の貫一が失意の淵から蘇り、
冷徹な高利貸しになって再登場した辺りで、
作者の尾崎紅葉さんが亡くなられ、未完の作品に。



「黄金夜界」は現代が舞台です。
貫一はマント姿ではないし、下駄も履いていません。
スマホを持っているし、SNSもしています。
鴫沢の家を出た貫一は、一時、都会難民になったりします。



リメイク作品はどこがどのように変わったのか、
チェックする楽しさがあります。
さて復刻版「ハゲタカ」はどういう展開になるのでしょう。
放送は19日(木)21時スタート。22時からの方が良かったけど。

Archives
Author
Calender