Staff blog

脱水注意報


対戦が決まった時からワクワクして、
ゴングが鳴る瞬間を今か今かと待ちわびていたのに。
先月25日のボクシングWBAバンタム級タイトルマッチは、
あまりにあっけない幕切れで言葉を失いました。



井上尚弥新チャンピオンの誕生はこの上なく嬉しいけれど、
開始早々1ラウンド112秒でのTKOは早過ぎ。
あるスポーツ雑誌の記事によると、
元チャンピオンの減量方法に落とし穴があった、と。



多くのボクサーは試合前になると、
登録階級にあわせて体重を落とします。
普通、食事制限と練習メニューでじわじわと減量しますが、
最近、もてはやされているのが短期水抜き。



元チャンピオンは1日で約5キロの水分を抜いて計量をクリア、
翌日は12キロ増やして対戦に臨んだ模様。
バンタム級は53キロ前後だから、
自分の体重の10%くらいを一気に水抜きしたわけです。



ヒトは体重の5%の水分を失うと、
細胞レベルで異変が起こり、体調不良になる、とか。
すぐに水分補給しても細胞は弱ったままの可能性があり、
マクドネル氏は水分と共に王座も失ったのかも。



椎名誠さん「ごっくん青空ビール雲」



夏のランニングでは毎回、大量の水分を喪失。
しっかり水を飲んでも体重の3%くらいは不足しています。
軽い脱水症を起こしているので熱っぽく、手足も頭も重い感じ。
こういう日はいつもの読書が億劫になります。



体調がすぐれない時は早く寝るのが一番だけど、
ちょっとくらいは活字に触れたいもの。
そういう時に頼りになるのが、椎名さんのエッセイ。
ひんやりしたフローリングの床に寝そべって読書を。



相変わらず、笑えます。
雑魚釣りの旅、七五調の文章で送信するメール、
風邪薬と睡眠薬を飲み間違えて電車に乗ったとか、
プロレスラーのブッチャー氏が牛乳を7杯飲んだ話など。



カンボジアの、幻想体験ができる薬草サウナ。
エドウィン社にある、体の脂分が抜けるセラミック風呂。
面白そうなので、ぜひ体験してみたいです。
脱水には充分に気を付けますから。

Archives
Author
Calender