Staff blog

今年の〆


2014年も残すところ、あと僅かとなりました。
大掃除もお正月を迎える準備も、
12月31日の夕方までに急いで片づけなくては。
夜9時30分からボクシングの世界タイトル戦のテレビ放送があるので。



ライトフライ級チャンピオンに挑戦する、田口良一さんは、
井上尚弥さんとの試合で唯一、判定に持ち込んだ実力者。
スーパーフライ級チャンピオン、河野公平さん。
また奇跡のパンチを見せてくれるのでしょうか?



スーパーフェザー級チャンピオン、内山高志さん。
KOダイナマイトが愉しみです。
とは言うものの、決定打は速すぎてほとんど見えません。
え?なに?入ったの?どっち?どこに?素人丸出しで熱血観戦します。



角田光代さん「空の拳」



~総合出版社の若手社員、那波田空也は、
文芸希望だったが畑違いの、
ボクシング雑誌「ザ・拳」の編集部に配属される。



運動部経験がなくスポーツ全般が苦手な空也が、
ひょんなことから取材先のボクシングジムに入会。
立花、坂本、中神といった若いボクサーたちと親しくなる。~




お酒に酔うと「あんた、僕のことバカにしてるでしょッ」とクダをまいたり、
試合観戦中に「ダメぇ!」と叫んだり。
姉二人妹一人に挟まれて育ったせいで、
つい女の子言葉が出てしまう、主人公の空也くん。



当初は愚痴が多かったけれど、彼なりに頑張る姿がほほえましく、
試合でもパンチの瞬間が分かったり、プロテストを受けたり。
主人公の成長物語と解釈すれば、題名の「空(そら)の拳」は、
空也(くうや)くんの空(くう)も兼ねているのかも。



本当は好青年なのにジムの方針で悪役を演じる、立花くん。
セコンドの指示に「ハイッ」と答えて的確にパンチを出す、坂本くん。
成長著しい坂本くんにコンプレックスを感じる、中神くん。
一番、興味深く感じたのは、中神くん。



ボクシング経験が長くても、
誰よりも一生懸命、練習しても、
素質のある人間には敵わないという、残酷な現実。
思わず「中神クン、ファイト」と応援したくなります。



出世頭の立花くん、急成長中の坂本くん、そして大勢の練習生たち。
可能性は限りないけれど、まだ何もつかんでいない、その拳。
今は空っぽ。これから栄光とか充実感をつかみ取ってゆくのでしょう。
題名は空(そら)、空(くう)、空(から)?いやいや、深読みし過ぎですね。



新聞のスポーツ欄を眺めていると、
12月30日に村田諒太さんをはじめ、
井上尚弥さん、八重樫東さんの試合もあります。
これは大変。31日だけでなく30日も忙しくなりそうです。

Archives
Author
Calender